ビジネスモデル

Business Model

AI コンサルティング 事業再生

ビジネス構造は、その仕組みを簡易的に理解する必要があります。顧客(who) 製品やサービス(what) 方法(how)といった形で、構築する必要があります。優れたビジネスモデルは社会に必要とされる場合が多く、持続的な成長と社会的な貢献に繋がります。

多くの場合、自社のビジネス構造や組織の構造を十分に理解していないことがあります。組織に属しているメンバーに対しても、構造の理解は必要であり効果的な行動に繋がる可能性があります。また多くの企業では複雑化されていないモデルを構築しており、UXGでも簡易なモデルを推奨しています。ビジネスモデルとはその構造を明確にし誰に何をどのような方法で対応していくかを理解させるため競争の優位性などを確立していくことが可能になります。

紙の構造

構造の理解 組織との関係性

組織において属しているメンバーが目的を理解していなかったり、誤った理解の仕方をしている場合どうなるでしょうか?多くの場合、方向性や行動に認識の相違がでてきて問題が生じます。例えば「たくさんの子ども達に私達が作った美味しいりんごを食べてもらいたい」という目的があった場合、顧客=子ども、製品=りんご、方法=なし、という状況が生まれます。この時に学校給食で提供するという方法を選んだ場合は、今後提供するための行動や製品の品質、ターゲットへのマーケティングなど様々な行動を起こすことができます。そして組織に属しているメンバーは行動と目的を確認し、そこに対して適切なアプローチと結果を求められるようになります。UXGではこのように、モデルを構築し理解して頂き、組織の成長とゴールを支えていくことが重要としています。