差別化戦略

Differentiation strategy

AI コンサルティング 事業再生

​近年では製品(Products)の開発が非常に簡易になり、各業界において競争率が高くなってきています。差別化戦略とはブランド価値や優位性・イメージ戦略などがあり、その戦略は日々変化しています。UXGでは各業界の変化を捉え、マーケティングやアナリティクスを用いて支援をしていきます。

​顧客にとって、どのような製品が購入しやすいか?価格帯や見た目、ブランド価値などさまざまな要因が購入に繋がります。多くの場合、製品に特徴や品質などの大きな違いが生まれることはありません。適切なプロセスとカルチャーを構築することでブランド価値は高まり、便利さや有用性が顧客の利益を生みます。私たちはこれまで多くの差別化戦略を行なってきましたが、中小企業の製品が大手企業の製品や確立した地位のある製品に対抗し価値をあげていくことも可能です。希少性や価格・ストーリーなど顧客にとっての価値を構築していくことが重要です。

​製品(Products)の成長とアプローチ

​UXGでは、差別化戦略を行ってきたプロフェッショナルが支援を行ってきます。これまで専門分野として対応してきた製品の中には最小で百円単位の製品で戦略を構築してきました。この商品は生鮮品という、腐りやすく製品に希少性が出にくいという特徴を持っているため、メーカーは販路について明確な構想がないという状況でした。このような製品であっても、価格や品質を始めとした製品の価値向上を行い、最終的には大手企業の製品と同格で扱ってもらえるようになったという支援の実例があります。メーカーではマーケティング戦略に壁を感じ、販売実績が伸びないということも多くあります。このような障壁を回避し、柔軟な対応で販路拡大や価値向上を支援していくことが私たちのアプローチとなります。

カラフルなノートブック