IMG_6430_edited.jpg

Yudai Nakayama

Chief Executive Officer

AI コンサルティング 事業再生

​中山夢大は、UNIVEXグループ(UXG)の代表取締役最高経営責任者で、2020年から同社のポジションを務めています。彼は渡米後、経営やマネジメントを中心とした研究を行い日本国内へ帰国、企業の社内ベンチャー立ち上げや運営を行いました。地域や年代に応じた課題解決や社会的インパクトを考慮した事業展開や戦略を推進しています。

マイナス成長下や不景気に対し、ビジネス及びチームの継続性また安全姿勢を重要視しています。これはクライアントに対しても同様であり、状況に応じた適切なアプローチが必要だと考えます。さまざまな業界を研究し持続的な成長と組織運営を支援しています。

2022年現在では、高知大学大学院にて医科学分野の修士課程に属し、医療と工学の分野の研究を進めています。工学分野ではAIや予測技術、主要産業に対してのDX技術を主に研究し、効果的な技術の有効性を示す必要があります。日本においての社会課題である人員不足や年齢層変化に対する効率化などについて研究を進めます。医療分野においては、病院経営と現場においてのストレス軽減に焦点を合わせ、医療費の削減につながる研究を行います。

univex
group

IMG_6430_edited.jpg

Yudai Nakayama

Chief Executive Officer

IMG_6356.HEIC

Tsuyoshi Miyata

Chief Technology Officer

IMG_6395_edited_edited_edited.jpg

Takao Moribe 

Chief Administrative Officer and International Officer

What is our purpose?

UXGは、コンサルティングを通じあらゆる課題を解決していくことを重要と考えています。私たちは日々学術的・経済的・社会的な視点から事案を研究し、顧客の利益に繋げるよう働きかけをします。UXGでは多様性を重視し、従来のオペレーションだけではなくグローバルな対応や顧客に応じたステップを一緒に築いていきます。社会全体の課題にも積極的に関わっており、現在はブラジルへの病院建設や学術機関に必要なシステムの開発なども行なっています。また創業当初から取り組んでいる医療に関する取り組みは2022年現在も続けており、逼迫する医療費や病院経営への課題にも研究を続けています。